EXHIBITIONS

ギャラリー広田美術では、2016年12月9日(金)から12月24日(土)まで、神戸智行展 - Life - を開催いたします。

神戸智行の制作は出身地岐阜県の長良川が原風景にあり、河原やそこに生息する小さな生物に注目することから始まりました。その小さな生物が構成する世界を表現することで、人間世界にも繋がるさらに大きな世界を画面に表そうと挑戦してきた制作が「イノセント・ワールド」と題され数年間続けてきた 一つの大きなテーマです。「Life」とはその延長線上にありながら、どんな環境の中でもひたむきに時に前向きに『生きる』ことに真摯であると神戸が感じている彼らの世界を、受動的ではなく能動的に描き出していこうと2013年の終わりころから掲げている新たなテーマです。
ギャラリー広田美術では約2年ぶりの個展になります。
新作約10点の展示致します。

左から「栞-冬音-」「栞-秋音-」「栞-夏音-」「栞-春音-」(各4M)、屏風「神さまの子供たち」80.8×176.0?
「スギルマデ」4F
左から「目覚めの季」6F、「色づく水面」30P、「僕の進む道のり」6M
「誰ガ真実ヲ」10M
「幼い日々に」3M
「僕の進む道のり」6M
「目覚めの季」6F
「透明な自分」6M