EXHIBITIONS

描くことを通して世界の謎に触れることができないか、と考えている漆原の制作は、存在することの起源や意味を探ることでもあるようです。今回は魂や精神、不可視なものの依代そのものである人間を対象に選び、その人の存在のあり様を景色として作ることを試みます。
大作を含む約10点の展示です。ぜひご覧くださいませ。

展覧会概要
会期:2013年12月13日(金)〜12月28日(土)11時〜19時
日曜日・祝日 休廊  最終日のみ17時まで
オープニングレセプション 12月13日(金)17時〜20時
※Xmas Art Festa 2013 参加企画展です。

“彼女の風景” 20P パネル・綿布・白亜地・膠彩・金属箔・金属泥・墨 2012年作
“秘密の庭” 100P パネル・綿布・白亜地・石州紙・膠彩・金属箔・金属泥・墨 2013年作
“樹海の奥” 30S パネル・綿布・白亜地・石州紙・膠彩・金属箔・金属泥・墨 2013年作
“偉大な泉” 8P パネル・綿布・白亜地・石州紙・膠彩・金属箔・金属泥・墨 2013年作
“優しい秘事” 3F パネル・綿布・白亜地・石州紙・膠彩・金属箔・金属泥・墨 2013年作
“彼女の風景” 30×30? パネル・綿布・白亜地・雁皮紙・膠彩・金属箔・金属泥・墨 2013年作